車を購入しようとしたらローンを勧められた

車を購入しようとしたら、ディーラーにローンを勧められた、こんな経験がある人は多いのではないでしょうか。自分でローンを探そうとしている人もいますし、現金一括で買う予定だったという人もいるでしょう。もちろん支払方法は人それぞれですし、どのように購入しようと自由です。

 

しかし、ディーラーがローンを勧めるのには理由があり、そこにはメリットもデメリットもあります。ディーラーの勧めるローンを組むべきかどうか、その理由について知らずに契約をしたり、断ったりする前に、何故ディーラーがローンを勧めるのかを知っておくべきだと思います。

 

 

ディーラーローンとは

ディーラーローンとは、ディーラーが仲介するローンです。勘違いされがちですが、ディーラー側で貸付けを行っているわけではありません。あくまでディーラーの役割は仲介であって、実際の貸付けは信販系の会社が行っています。いわゆるクレジット会社です。ディーラーローンとは、信販系のローンで、かつディーラーが仲介するローンの総称です。

 

ディーラーローンは仲介が入るため、金利が多少高めに設定されています。ディーラー側はマイカーローンを斡旋する代わりに、ローンの利息の一部をマージンとして受け取ります。その分金利が高めになるのです。

 

ディーラー側としては、マージンも貴重な収入源となります。そのため、ディーラーローンを勧めてくるのです。中にはディーラーローンの契約件数のノルマを貸している販売店もあるようで、そういった販売店であれば、現金一括だと言われても、ディーラーローンを勧めてくるケースもあります。

 

ディーラーローンのデメリット

ディーラー側のマージンの分金利が高くなるので、そこはディーラーローンのデメリットとなります。金利の低い所を探すのであれば、ディーラーローン以外の所でマイカーローンを探した方が賢明といえます。

 

また、信販系のマイカーローンの場合、車を担保に貸付けを行います。ローンの支払いが終わるまでは、車の所有権は信販会社側にあります。そのため、勝手に売却などもできません。

 

金利が高い点と、所有権が自分にない点が、ディーラーローンのデメリットといえます。

 

もちろん用途が車の購入に限定されるのもディーラーローンの柔軟さに欠ける部分であり、金利を見比べたマイカーローンの借り換えであるとしてもディーラーローンは利用できません。

 

ディーラーローンのメリット

金利が高いのではディーラーローンを断ろうと思ったかもしれませんが、実はディーラーローンにもメリットはあります。通常のマイカーローンと比べると、審査に通りやすいのは、ディーラーローンの大きなメリットの1つです。

 

まず、車の所有権がないのはデメリットかもしれませんが、担保に出す代わりに、審査では有利になります。銀行などのマイカーローンでは車の所有権は自分になりますが、担保無しでの審査となるので、通りやすさが大きく変わります。また、金利が高い点も、審査の上では有利となります。金利が低ければ審査も厳しくなります。

 

そして、ディーラーローンは手続きが簡単という点も見逃せません。斡旋しているだけあって、ディーラー側で手際よく準備を行ってくれます。販売店で契約手続きもできるので、あちこちに足を運ぶ必要もありません。

 

ディーラーに勧められるまま契約というと抵抗があるかもしれませんが、審査も通りやすく、手続きも簡単というのは意外とありがたいものです。

 

銀行系のマイカーローンを探す

ディーラーローンは手続きの手軽さと借りやすさにメリットがありますが、それよりも金利を重視する人ももちろんいます。

 

ディーラーローンのメリットとデメリットを考えた上で、やはり金利を比較して選びたいのであれば、銀行系のマイカーローンがお勧めです。きちんと探せば、ディーラーローンの半分以下の金利でマイカーローンを組める可能性もあります。

 

一般的に車ローンというとディーラーローンがイメージされますが、金利面で優れているローンを組むとなればディーラーよりも銀行で借りるマイカーローンの方が良いです。審査や手続きの面でのデメリットはありますが、契約さえできればあとは大きな手間はないので問題ありません。